小説広場 - 小説研究室 - 小説ラウンジ - 雑談ラウンジ - 運営ラウンジ - ハブチャット - Pちゃッと

[ トップトップ | リロードリロード ]   [ 編集編集 | 凍結凍結 | 差分差分 | バックアップバックアップ ]   [ 一覧一覧 | 検索単語検索 | 最終更新最終更新 | ヘルプヘルプ ]
Top / 利用者企画 / 共有世界GAIA / GAIAWIKI / クシュミル

クシュミル

人口2000人程、中心に王の居城でもある巨大な風車があり、その風車による精製技術で粉や鉄、宝石などを加工して輸出している交易国。

位置

ガーラント?アルファリアコルス地方との国境にあり、バルシード?統治時代ではコルス地方南端の都市。

気候風土

山に面しているため、季節風が強く吹き付けている。特に春を前にした風は強く、一年分の生産を可能にする。

民俗風習

風車を有していたコルス北端の国、シェ・ミル族?の生き残りが建国したといわれている。風車を回し、その製品を元手にガーラント?アルファリアコルスの諸部族と交易して栄えている。財政は豊かとはいえないが、しっかりした経済基盤と軍事力を持っている。

制度法律

クシュミル王?を中心とする君主制。王は世襲。風車を紋章とし、風車騎士団?を擁する。

歴史

2000年代以前

シェ・ミル族?の国が滅ぼされ、生き残った王族が建国。初代の始王ユ・ミル?バレード?旧バルシード?)の王女リュリジア?始后リュリジア・ミル?)を娶ったとされている。

2150年代

ガーラント?アルファリアと交易での関税の問題から外交関係が悪化、ガーラント攻略に進むバルシード?と同盟してその先鋒役を務める。王女リュリジア?ウェズラエク?の側室となり権力を得ると風車騎士団?は奇襲部隊として軍の一端を担う。ガーラント滅亡?直前、アルファリアヘルデ・ラクウェル?が率いるラクウェル私設軍?によって風車を破壊され、滅亡する。


バルシードから吹く風(改訂版)(語り部)
クシュ=ケミの末裔(語り部)
風の王の物語[未発表:設定メモのみ](語り部)
聖灰[設定](片桐嬌子)
Sat, 05 Mar 2005 02:35:36 JST (5034d)